FANDOM


中澤 清(なかざわ きよし、1943年2月13日 - )は、日本男性惑星科学者宇宙物理学者。専門は、固体地球物理学惑星物理学東京工業大学特任教授。

人物 編集

香川県坂出市出身。林忠四郎の弟子の1人として知られている。同じく林門下で京都大学天体核物理学研究室に学んだ佐藤勝彦とは同郷(ともに坂出市出身)。

略歴 編集

  • 1965年:東京工業大学理工学部物理学科卒業、京大大学院に進学し林忠四郎に宇宙物理学を学ぶ。
  • 1970年:京大大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。
  • 1971年:京大助手。
  • 1972年理学博士号を取得。「Effect of electron capture on temperature and chemical composition in collapsing dense stars(重力崩壊している高密度量における電子捕獲反応の温度および化学組成への影響) 」。[1]
  • 1980年:京大助教授。
  • 1983年東京大学理学部地球物理学科助教授。
  • 1987年:母校・東京工大に戻り理学部教授に就任。
  • 1989年:第6回井上学術賞を受賞。
  • 2005年:東工大大学院理工学研究科理学系長・理学部長。
  • 2007年:理学部長を退任。

著書 編集

単著 編集

共著 編集

編著 編集

訳書 編集

  • 『星』(R.J.ティラー著 共立出版社 1974年
  • 『元素の起源』(R.J.ティラー著 共立出版社 モダンサイエンスシリーズ 1984年)
  • 『宇宙・天文大辞典』(Pybil P.Parker他編 丸善 1987年)

脚注 編集

  1. 博士論文書誌データベースによると1973年5月

外部リンク 編集