FANDOM


女が男を愛する理由(おんながおとこを愛するりゆう)は、女性がなぜ男を愛するのかというジョークである。


概要編集

男女の愛というものは科学では説明しきれない。おそらく、「宇宙がどこまであるのか」とか、「UFOはいったい何物なのか」という謎と同じくらいはっきりしていないであろう。

一説には遺伝子が遠い者を好きになるといわれるが、それもはっきりしていない。

なぜ愛するのか編集

キリスト教圏のジョークより。

舞台は人類がまだエデンの園にいたころのこと。 最初に創造されたアダム、そしてイヴはまだエデンで作られたばかりであった。

アダムは初めて見る「女性」という概念が、よく理解できなかった。

そこでアダムは神に尋ねた。

「主よ。あなたは美しい花や夕日を私にお与えになりました。でもイヴの美しさは格別で、息も止まるほどです。なぜイヴをこれほど美しくお創りになったのですか?」

神様はこう答えた。

「子よ、それは簡単なことだ。お前がイヴを愛するためにだよ」

「確かにその通りです。もう一つ質問があります。冷たい水を触るとき、動物の毛をなでるとき、とても心地よいと思う気持ちをあなたはお与えになりました。でもイヴに触れたときのときめきは、心臓が止まるほどです。なぜイヴをそのようにお創りになったのですか?」

神様はまた答えた。

「子よ、それは簡単なことだ。お前がイヴを愛するためにだよ」

「確かにその通りです。でももう一つ質問があるんですけどいいですか。イヴって、とてもバカなんですよね。どうしてイヴをあんなにバカにお創りになったのでしょうか?」

すると神様はまたこう答えた。

「子よ、それは簡単なことだ。イヴがお前を愛するためにだよ」


解説編集

キリスト教の人類を作った神曰く女性が男性を愛するためであるらしい。この神の解答をわかりやすくすると「愛するために理由はない」「神そのものもよく理解していない」ということになる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。