FANDOM


(ほし)とは神の手によって作り出された落ちるという概念の無い空間に作られた球体である。 ゴミを丸めて表面に色のついた紙を貼り付けてある。

有名なのは地球と命名された星で青い紙にところどころに白いペンキで柄が塗ってある。

太陽はかなりゴミを丸めたらしくほかの星よりもかなり大きい。大きい星は大概赤い紙が使用されるがたまに青い紙も使用される。また大きいほど高級品らしく大きい星は例外なく光沢のある紙が使われている。

ブラックホール 編集

ブラックホールは星とは呼ばれていない。理由は表面に紙をくるんだわけでもないしゴミを集めたものでもないからである。 これは消しゴムのカスを集めて丸めて「ねりけし」状にしたもので他の星とは明らかに性質が異なる。

隕石 編集

余りにも小さくて目に見えないため、ゴミを丸める際に混入することでしか確認できない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。