FANDOM


正曜日(せいようび)とは、アンサイクロペディアに登場したジョークで、土曜日のことを表すこじつけである。

このジョークが生まれた背景編集

土曜日は休みの時と休みでないときがあるためややこしく、太田光も「土曜日があるとなんかむかつく」といっており、邪険にされがちであるため、これを是正すべく、一週間の反省をし、「正す曜日」を意味する。もうひとつは、北朝鮮の金正日総書記にかけて、「土」を「正」に変えて「月火水木金正日」と、文字列「金正日」になるように遊んだものである。

意義編集

言語によっては「週」という単語が土曜日または日曜日をも表すものもある。これらの場合、その曜日が(休日として)週の中で最も基準となる曜日という意味合いを含む。もし土曜日を正曜日と呼べば、「最も基準となる日」という意味合いを含むこと間違いなし。

正曜日は「制曜日」とも「聖曜日」とも解釈できる。土曜日が「怒曜日」と揶揄されるように、土曜日に関してむかつくことが多いが、その怒りをぐっと押さえたなら「制曜日」だ。また、ユダヤ教やセブンスデー・アドベンチストでは土曜日が安息日であり、旧約聖書では「安息日を記憶し、これを聖別せよ」と記されているから、「神聖な曜日」という意味で「聖曜日」と言える。

外部リンク編集