FANDOM


秋葉原大虐殺(あきばはらだいぎゃくさつ)は日本で公開され支持を受けた映画である。日本政府公認である。

概要編集

東京の秋葉原に仕事でやってきたサラリーマン(性別不詳)が秋葉原のあんなとここんなとこに嫌気がさし、秋葉原のヲタどもを一掃するため、徒党を組むのであった。

登場人物編集

福田武雄
秋葉原にやってきたサラリーマン。だが、秋葉原のメイド喫茶を初めとするヲタク文化を嫌い、ヲタク共の抹消にとりかかる。
麻生太郎
ヲタク共の間で「神」にも等しいとされている存在。政治家であり、ヲタク共は麻生にさえ頼めば要求が通ると思い込んでいる。福田の軍を止めようと奮闘する。
小泉純一朗
福田の意のままに動く人形。どんな要求でも聞き入れてくれる。
安倍慎三
ちょっと前まで首相だったヒト。福田を止めようとするが叶わず。

この節を書こうとした人は食事か昼寝に行ってしまいました。
私たち適当に頑張ってくれる方を募集しています。是非あなたも書いてあげてください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。